• seaswallow

昨日のつづき



本日は、昨日のブログの続きを書かせて頂きます。


月曜日は結局午後5時ごろまで入水してしまい、疲れからラインナップまでのパドルがしんどくなり、終盤はろくに波に乗ることが出来ずに海から上がりました。


そして火曜日、茨城では北東の風が強くなる予想だった為、北東風がオフショアとなる千葉北へ・・・。

積んでいった板は「台風のうねり入っているかも」と思い、短い板をメインに6'0"と6'1"のスラスターと前日に使用した6'2"フィッシュ、その他には9'6"ピンテイルノーズライダー。


ポイントに到着したのは午前9時過ぎ。

腰前後とスモールだったので、ロングボードかフィッシュかで一瞬悩んだのですが、前日と同じ6'2"フィッシュにて入水です。


他のポイントは風が入ってしまってコンディション良くないのか、結構な数のサーファーが海に浮いており、その殆どがロングボーダー。

「短い板では太刀打ち出来ない」と判断し、一番アウトの人が少ないスペースで波待ちしてセット狙いで行く作戦。


アウトには僕しかおらず、セットの波1本目からいきなりロングライドです。

その後も何本か良い波に乗ることができ、3時間ほど入水して帰路につきました。

スモールコンディションでは板6'2"フィッシュのボリュームがマッチしていたようです。








最新記事

すべて表示

人それぞれ

一昨年より試乗用に製作した板を様々なレベルの方に乗って頂く機会があり、様々なご意見を頂いております。 試乗用の板は「分かり易いように」といったことと「反応を見てみたい」といった思いがあり、極端にボリュームを落としたり、極端にボリュームを出したり等かなり偏った仕様にしているのですが、人それぞれのインプレッションがあり、かなり参考になっています。 ボリュームマックスのフィッシュに乗ってみて頂いた場合、