検索
  • Sea Swallow

帰国


昨夜、無事カリフォルニアから帰国致しました。

本日より、再び通常営業を再開しておりますので、何卒宜しくお願い致します。

さて本日から数日間、今回のカリフォルニアトリップについて書かせて頂きます。気になる方がいらっしゃいましたら、ぜひ、チェックしてみて下さいませ。

まずは出発〜1日目。

何かトラブルがあると時間が掛かってしまうこともあり、余裕を持って出発の3時間前には成田空港に到着。早速、マレン・メダカフィッシュを入れたボードバッグを手にチェックインしようとしたところトラブル発生です・・・。

航空会社のウェブサイトには「カリフォルニアの公式スポーツとしてサーフィンが認定されたことを記念し、カリフォルニア発着便では、サーフボード、ウェイクボード、パドルボードなどのサイズ超過料金を免除(292cm、43.5kgまで)」と書いてあるにも関わらず、「200ドル頂戴致します。」とのこと!?

ウェブサイトにしっかり書いてあることを伝えても信じてもらえず「そんなことは聞いていません。皆様にお支払い頂いています。」、「その内容を見せて下さい。」と言われた為、スマホでウェブサイトの内容を見せたところ「上司に確認します」と、僕のスマホを上司に見せに行く始末。

チェックインカウンターまで話が伝わっていなかったようで、結局、サイズ超過料金は免除となりました。10月5日から実施されている訳ですが、多分、そんな情報を知らずにサイズ超過料金を支払っていたサーファーの方々が結構いらっしゃるのではないでしょうか?

フライトの方は、思いの外1時間ほど早くロサンゼルス国際空港に到着。空港近くのレンタカー会社よりフォード・トランジット・カーゴバンを借り、ダベンポート・サーフボードが拠点を置くベンチュラへ向かいました。

ベンチュラへ向かう途中、通り道のマリブにて軽く波チェック。スモールでしたが、やはり綺麗にブレイクしており、後ろ髪引かれながら、一路ダベンポート・サーフボードファクトリーへ。

午後3時前にはダベンポート・ファクトリーに着くことができ、僕がオーダーしていたタツオ・スペシャルを今から削るとのことで、シェイプシーンを撮影させて頂きました。その時に撮影した写真が、上に貼らせて頂いた写真になります。

アダムさんが、ボードをシェイプするのにかかる時間は約2時間ほど。シェイプがスタートしてから一瞬たりとも動きを止めることなく、凄まじい集中力でフィニッシュしたタツオ・スペシャルは全てのRが美しく、フォームを見ただけでも「この板は間違いなく調子いい」と感じることが出来ました。

シェイプが終わってから、アダムさん、アダムさんの奥さんメリッサさんと共に夕食を食べにベンチュラ・ダウンタウンへ・・・。夕食後にアダムさん宅にて皆でドジャース戦を観戦し、そのまま一泊。

翌日は、朝に一緒に波乗りする予定だったのですが、波があまり良くない上、アダムさんがやらなければいけないことが沢山あり、かなり多忙な様子のため、波乗りはせずにグラスワークを見学。アダムさん親友の結婚記念にプレゼントするフィッシュのグラスワークを見せて頂きました。

こちらのフィッシュは、シェイプはマイク・ゲイブ氏、アダムさんがグラスワークを担当。美しいファブリックインレイ仕様となっており、グラスワークが進むにつれて、輝きを増していくサーフボードを見ながら鳥肌が・・・。

シェイプ、グラスワーク共に物凄い集中力でこなし、とても丁寧な仕事ぶりにとても感心致しました。

明日は、2日目午後を紹介出来ればと思っております。

#DAVENPORTSURFBOARDS #ADAMDAVENPORT #TATSUOSPECIAL

70回の閲覧