検索
  • Sea Swallow

カリフォルニア7日目


カリフォルニア出張記は、いよいよ終盤。

本日は、6日目午後から7日目について書かせて頂きます。

ニックさんとオーシャンサイドで別れてから、受け取ったグリーク・フルカスタム・Vボトムをアダムさんに託すべく、再びベンチュラへ・・・。ニックさんから「ドヒニーいいよ!」との情報を頂いており「途中ドヒニーで入水してからベンチュラへ向かおうかな」なんて思っていたのですが、日曜日の午後だったこともあり、あっさり渋滞に巻き込まれてしまい、入水を断念です。

結局、渋滞はロサンゼルスが近付くにつれ酷くなり、サンタモニカを通過する頃には、やや陽が落ちてきておりました。ベンチュラへの通り道であるマリブで、少しでも明るければ入水したいと思い、とりあえずフリーウェイからPCHへ・・・。交通量は然程多くなく、まだ陽があるうちにマリブに到着することができ、ちゃちゃっと着替えてグリーク・フルカスタム・Vボトムにて入水です。

「もう夕暮れ時だし、人減ってくるでしょう」と思っていたのですが、そうは問屋が卸さないようで、全くおこぼれを拾えずにガッカリしていると、誰も乗っていないor乗れないような小波がこちらへ・・・。何とかその波をキャッチし、少しだけ乗ることが出来ました。その時すでに太陽は地平線に消えており、そのまま海から上がってベンチュラへ。

辺りは既に真っ暗で、マリブからベンチュラへ向かうPCHは、ややクネクネしており、少々ビビりながらの運転でしたが、午後8時過ぎベンチュラのモーテルに到着。早々に就寝致しました。

翌朝は午前6時ごろに起床し、モーテルからすぐのCストリートへ行き、グリーク・フルカスタムにて入水。波のサイズは肩前後。風は無風の面ツル。絶好のVボトム日和です。

昨日、ニックさんから頂いたアドバイスを意識しながら乗ってみたところ、初回よりも格段にコントロールできるようになり、乗る波全てでロングライド。

Cストリートで波乗り後、ダベンポートファクトリーへ向かいました。

乗り味を文字でお伝えするのはなかなか難しく、なんとなくしか伝わらないかと思われますので、ぜひシースワロー試乗会や海でお会いした際に乗ってみて頂ければと思います。


0回の閲覧