検索
  • Sea Swallow

昨日


今日ここ宇都宮は、12月と思えない陽気となっております。

日中と朝夕かなりの気温差があるかと思われますので、風邪など引かぬようお気を付け下さいませ。

昨日は定休日ということで、波乗りに行って参りました。

向かったのは茨城大貫4Beacheさん。

朝、宇都宮を出発した時には雨がパラつき、茨城大貫も朝のうち曇っていたのですが、徐々に雲がバラけて晴れ間が広がり、気温も一気に上昇。3mmジャージフルスーツでも暑い位でした。

朝一の時点で波のサイズは、腰位。風が弱く面ツルだったこともあり、まずはダベンポート・タツオスペシャルを手に入水です。

最初の一本、少々ドキドキしながら波を見定めパドルを開始。板がスルスル走り出し「今だ!!」と思い、立ち上がろうとしたところ、ウェットスーツが新品だからか、それともワックスが新しいからか、ウェットスーツが板にへばり付き、スタンドアップに手こずる始末・・・。

いつもワックスを塗ったら塗りっぱなしで滅多にワックスアップすることもなく、ややグリップ力の落ちたワックスに慣れてしまっているからか、久しぶりにグリップ力のあるワックスの上に立ち上がったり、歩いた感覚は何時もとはまるで違い、慣れるのに少々時間が掛かりました。

時間が経つにつれ徐々にワックスが気にならなくなり、タツオスペシャルから得られる感触に集中出来るように・・・。

以前、タツオ・スペシャル10' ピンチドレイル、10oz x 6oz x 10ozクラシックラミネート仕様を使用していたことがあるのですが、今回、自分、デモ用に作って頂いたタツオ・スペシャルは9'6"ノーマルレイル、8oz x 6oz x 8ozで重さが約2kg程軽いこともあり、取り回しが非常に軽く感じられ、動きもとても軽快でした。

ノーズ寄りにも行ってみたところ、浅く入れて頂いたノーズコンケイブにも関わらず、しっかりとしたリフト感、安定感を感じられ、全体的にすこぶる調子の良い板となっております。試乗会などで乗って頂くことが可能ですので、気になる方がいらっしゃいましたら、ぜひ体感してみて下さいませ。

午前10時位から波のサイズが胸前後でやや掘れ気味の速い波になってきたため、グリーク・フルカスタム・V-Bottomに板を変更。久しぶりに乗ることもあり「果たして乗れるのだろうか?」と心配していたのですが、何となくゴマかしながら板を走らせ、波乗りで今までに感じたことのないようなスピードを感じてしまいました。

しかし「なんだ乗れるわ」なんて思い、調子に乗って波に乗っていると、いきなり吹っ飛ばされ、その後は慎重に・・・。ハルエントリーからテイルエリアでは強烈なVeeといったボトムコンツアーのため、一気に板を傾けようものなら、凄まじい勢いで吹っ飛ばされるのです。慎重に乗りながらも色々とチャレンジし、最終的には逆エッジを喰らって少々怖気付き、再びタツオ・スペシャルに板を変更。

「サーフィンで逆エッジ?」なんて思われた方もいらっしゃるかと思いますが、波のトップでターンしようとしたところ、一気にインサイド側に板が傾いてしまい、逆側のレイル&エッジが水中に入ってしまったのです。多分、意味が分からないかと思いますので、ぜひ、グリーク・フルカスタム・V-Bottomも試乗してみて下さいませ。試練の後には、凄まじいスピードを体感出来ることと思います。

結局、その後再びV-bottomに板を替え、日が暮れるまで波乗りしてしまいました・・・。入水時間は約8時間前後。

来週も、しっかり修行したいと思っております。


0回の閲覧