• seaswallow

海へ



昨日、一昨日はお休みを頂き波乗りへ行って参りました。


一昨日に向かったのは、いつもの茨城大貫4beacheさん。

積んでいった板は、6'0"スラスターと6'2"フィッシュと9'6"ピンテイルノーズライダー。

思っていたよりもサイズ、波数がありロングボードの出番はなく、先ずは6'0"スラスターで入水。


6'0"スラスターは幅が19 1/2"、厚みが2 3/8"。試験的にノーズからフィン手前までナイフィーレイルでシェイプしたかなり変わったショートボード。レイルが薄い分ボリュームもありません。その為、パドルが少々たるいものの、いざテイクオフしてしまえばその動きは軽快でスピード感もあり、なかなか癖になる乗り味。


2時間ほどスラスターで入水したのち、今度は6'2"フィッシュを手に入水しました。

波のサイズがセットで肩位、風が南寄りのクロスオフで面は良く、久々のグッドコンディション。今まで6'2"フィッシュを使用したコンディションはスモールの時ばかりだったので、絶好のテスト日和です。


6'2"フィッシュは幅が21"、厚みが2 5/8"。フラットデッキにすることで、センターにボリュームをしっかり残し、レイルは厚めのダウンレイル。そしてノーズ、テイルでは回転性、操作性を向上させるべく厚みを落とし薄く仕上げています。


波数が多い状況の中、先に使用したスラスターに比べてボリュームがある為、ドルフィンスルーで戻されることが多くなったと感じながらラインナップへ・・・。

一本目、セットの波を狙って乗ってみたところ、テイクオフが凄く早いうえ安定感があり、2本目からは余裕を持ってテイクオフ出来たように思います。


また厚いセクションや速いセクションも抜けることができ、板の動きも軽快。

乗った感じはとても良いのですが、やはりボリュームがある分ドルフィンスルーで体力を奪われます。


つづく・・・










最新記事

すべて表示

人それぞれ

一昨年より試乗用に製作した板を様々なレベルの方に乗って頂く機会があり、様々なご意見を頂いております。 試乗用の板は「分かり易いように」といったことと「反応を見てみたい」といった思いがあり、極端にボリュームを落としたり、極端にボリュームを出したり等かなり偏った仕様にしているのですが、人それぞれのインプレッションがあり、かなり参考になっています。 ボリュームマックスのフィッシュに乗ってみて頂いた場合、