The Pig Special

October 6, 2018

 

 

しかし、明後日の月曜日、火曜日には北東の風が強めに吹く予想のようで、私的には残念な気持ちで一杯です。

 

コンディション悪いようであれば定休日の月曜日、火曜日には波乗りへは行かず、月末に控えたカリフォルニア出張に向け、準備を進めたいと考えております。

 

そして本日も、ダベンポート・サーフボードインスタグラムを貼り付けさせて頂きました。こちらの板は、先日紹介させて頂いたピッグのデッキ側になります。デッキパッチをよーく見て頂くと、見覚えのあるディケールを沢山確認することが出来るかと思います。

 

これらのディケール群は、ディケールを一枚一枚貼った訳ではなく、ヴィンテージファブリックにプリントされた柄なのです。どういった経緯で、こちらのファブリックを使用することになったのか、少々説明させて頂きます。

 

前回、ダベンポート・サーフボードを訪れた際、波乗り仲間の方から「いつかこの生地を使って、アダムにピッグを作ってもらいたい。」、「その時が来るまで、この生地をアダムに預けたい」とのことで、こちらの生地をお預かりし、直接アダムさんに渡して保管してもらっていたのです。

 

60年代の象徴的なサーフボードレーベルがぎっしりプリントされた貴重なヴィンテージファブリックをリスペクトを込めて、ファブリックインレイとして使用したアダムさん渾身の一本。

 

ファブリックインレイの形や位置、ピンラインの色などはお任せでアレンジして頂いており、レッドレジンティントカラーにブラックのピンラインが映え、サーフボードから発せられるオーラを感じる事が出来るかと思います。

 

ついででは御座いますが、関西国際空港台風被害の影響による航空貨物の遅延についても少々。

 

こちらの板は、他の板と共に今週中に発送して頂く予定だったのですが、運送会社に確認したところ、現在、関西国際空港向け貨物が成田空港へ来ていることもあり、かなりの量の貨物を捌かなければならないようで「発送から成田引き取り可能になるまで、通常よりもかなり時間がかかる」とのことでしたので、少し状況が落ち着くまで発送を待って頂くことに致しました。日本到着は、早くて来月中といった感じ。

 

そのため、他のレーベルにオーダーしている板の入荷も遅れそうな気が致します。オーダー頂いているお客様には状況がわかり次第、ご連絡させて頂きますので、ご連絡まで今しばらくお待ちくださいませ。

Please reload

Please reload

タグから検索