Greek Full Custom

October 18, 2018

 V-Bottom & Type-1

 

昨日、現在カリフォルニアを訪れている友人から連絡があり「明日、San-Oでニック(グリークフルカスタム)とサーフィンすることになったので、V-Type見せて欲しいと話した」とのこと。(前回、友人と一緒にカリフォルニアを訪れた際、友人もニックさんに会っていることもあり、面識があるのです)

 

以前にも紹介させて頂いた、こちらのusedグリークフルカスタムV-Typeは、カリフォルニアを訪れた際に僕が使用する為に購入させて頂いた板なのですが、せっかくなので是非使って欲しい旨を伝えたところ、どうやらロングボーダーが多く、ミッドレングスでは波を取ることが出来なかったようで、V-Bottomは使わなかった様子。

 

来週、こちらの板をカリフォルニアにて使用する訳ですが、見るからに難しそう・・・。

アウトラインが全体的に幅広なので、パドルが楽な上テイクオフが早いかと思われます。しかし、テイクオフしてレイルを入れようとしたり、ターンしようとした瞬間、吹っ飛ばされそうな気が・・・。

 

その為、ニックさんからフィンのアドバイスを頂きました。

テイルの反応がかなり機敏なこともあり、ベース幅の狭いハル用のフィン、リドルフレックスナローよりも、ややベース幅のあるフレックスフィンを使用した方が良いとのこと。

 

ちょうどシースワローにトウルーエイムス・L-Flexフィンのストックがあったので、とりあえずL-Flexで乗ってみて、色々試してみたいと考えております。

 

Please reload

Please reload

タグから検索