あと少し

June 27, 2019

本日は、火曜日に行ったサーフボード製作作業について少々書かせて頂きます。「これからサーフボードを製作したい」と考えている方やサーフボード製作に興味のある方にとって、役に立つであろう失敗例などを紹介出来ればと思っております。

 

先週末、デッキ&ボトムのホットコート、フィンの取り付けまで済ませ、一昨日の火曜日にはサンディング、レジンリーシュブリッジの取り付けまで出来ればと思っていたのですが、途中までサンディングした時点で時間切れ。あと少しサンディングしなければ、次の工程に移れない状況です。

 

サンディングにかなりの時間を要してしまっている訳ですが「何故にそんなに時間がかかるのか?」と申しますと、まず、フィンをグラスオンする為に使用したガラスクロスが、思いの外しっかりしており、厚みがあることによって、なかなか削れないといったことと、ホットコートを厚く塗った為、段差が出来てしまい、段差を取り除くのに時間を要してしまった。

 

他には、ノーズ、テイルに補強の目的でフィンをグラスオンする際に使用したガラスクロスと同じ物を使用したことによって、形を整えるのに手間が掛かってしまっているのです。久しぶりにホットコートまでやってみて「やり過ぎは、無駄な作業が増えるだけ」と思いました。

 

また、グラスワークの一番最初の工程であるボトムのラミネートが綺麗に決まれば、その後の作業が何かと楽になるうえ、フィニッシュも綺麗に決まるということも思い出すことができ、何かと勉強になった気が致します。梅雨が明ける前にもう一本のフィッシュを完成させ、あと何本か作ってしまいたいと思っております。

Please reload

Please reload

タグから検索