パナマハット始めました

August 17, 2019

オルテガ66 

 ジャパン

 

 

以前より、個人的に興味を持っていたパナマハットのお取り扱いを開始致しました。そんな訳で、パナマハットについて少々書かせて頂きます。

 

既にご存知の方も沢山いらっしゃることと思いますが、パナマハットは"パナマ産"の帽子だから"パナマハット"という訳ではなく、エクアドルにてエクアドル原産天然トキヤ草を用いて職人の手作業によって編まれた伝統的な形をした帽子を"パナマハット"と言います。

 

今回、取り寄せたのは、世界的に知名度のあるエクアドル・クエンカのパナマハットブランド"オメロオルテガ"。

 

オメロオルテガでは、様々なスタイルをラインナップしておりますが、今回輸入したのは代表的なモデルである"オルテガ66"と"ジャパン"のみ。様子を見ながら、順次輸入出来ればと思っております。

 

パナマハットにはグレードがありますので、グレードについても少々。

 

編み目の密度によってグレードが変わり、編み目が細かい程グレードが高く、編み目が粗いほどグレードが低くなります。上に貼らせて頂いた写真をよくご覧になって頂くと編み目の違いが分かるかと思われます。

 

写真上の白い帽子は編み目がとても細かいハイグレードのリャノフィーノ。

 

写真下のネイビー/ブラウンの帽子は編み目の荒いスタンダードグレードのブリーサ。

 

編み目が細かくなる程、多くの時間を費やして編まなければならない為、グレードが上がると価格も跳ね上がるといった感じ。

 

エクアドルからのお取り寄せも可能ですので、その他モデル等気になる方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

Please reload

Please reload

タグから検索