火曜日

August 22, 2019

昨日、今日、ここ宇都宮では時折雨が降り、少しは過ごし易い気温となっております。このまま一気に秋の陽気になるのか、それとも猛暑が復活するのか・・・。過ごし易い秋を希望しております。

 

さて本日は昨日に引き続き、火曜日の波乗りについて少々。

火曜日は、千葉北の道の駅を午前4時30分ごろ出発。月曜日と同じポイントへ・・・。ポイントに着いたのは午前5時ごろだったかと思います。未だ誰も入水しておりませんでしたが、やってやれなくもない状況と判断。自作6'5"Gullを手に入水致しました。

 

月曜日よりも波のサイズが落ちてしまい、膝〜モモ位。風は強めのクロスオフといった感じ。セットの間隔も長く「ポイント選び失敗したかな?」と思いながらも、じっとセットを待ち、何本か良い波に乗ることが出来ました。

 

Gullは、細いピンテイルの割には滑り出しが早く、小波でも十分機能することが分かりましたので、このアウトライン、シェイプのまま、自身のサーフボードモデルとしてラインナップすることに致しました。

 

3時間ほど波乗りした後、夕方にはオフショアになると思われた茨城大貫へ向けて出発。途中、休憩したりしながら、ゆっくり大貫を目指したこともあり、大貫4Beacheさんに着いたのは午後3時前くらい。強めの北寄りの風が吹いており、面が乱れた状況の中、モモ〜コシくらいのセットが入ってきているのを確認。ダベンポート・9'6" エルカデオを手に入水致しました。

 

このダベンポート・エルカデオは、クラシックウェイトブランクに10oz x 6oz x 10ozのボランクロスを使用しており、かなりのヘヴィー級。しっかりとした重さがあることで、ガタついた面を物ともせず、グイグイ前に出ていってくれるのです。

 

あまり良くないコンディションの中、普通に楽しめてしまった訳ですが、入水してから1時間くらいで一気に雲行きが怪しくなり、嵐の気配・・・。海から上がり、板を片付け終わったと同時に激しい雷雨に見舞われ、その日の波乗りを終了。雷雨が落ち着いてから帰路につきました。

 

話は変わりますが、千葉北ではクラゲに刺されまくり、現在、両脚が満遍なく痒くて痒くてたまらない状況となっております。皆様もクラゲやエイなどにはお気をつけて下さいませ。

Please reload

Please reload

タグから検索