検索
  • Sea Swallow

Fin


本日は、フィンの製造について少々紹介させて頂こうかと思います。

上に貼らせて頂いた写真は、一昨年、カリフォルニアを訪れた際、ドリフトウッドキャラバン・サーフボードのグラハムさんに連れて行って頂いたFibre Glas Fin Co.ファクトリー内で撮影した写真です。

上から順にフィンの製造工程になっています。

まずは、平らな台の上でクロスを積層していき、写真上から2枚目に写るレジンパネルを製作します。

このレジンパネルからフィンの形に切り抜かれ、その後、フォイルのためサンディング。最後にメーカー名やモデル名がプリントされます。

このレジンパネルから切り出せるフィンの数は、フィンの大きさにもよりますが、ロングボード用のフィンであれば12枚くらい。隙間なくマーキングされ、無駄の無いようにカットされます。

他のフィンファクトリーでも同様の製造工程を辿っており、ダベンポート・サーフボードやグリークフルカスタム、クーパーフィッシュ・サーフボードなどのフィンを受注しているフィンファクトリー、サンライズボードワークスでは、シェイパー各自がカラー指定して作られたレジンパネルを所有しています。

そのため、オンフィンでのカスタムオーダーを頂いた場合、シェイパーが所有しているレジンパネルが何色かによって、オーダー出来るフィンカラーが決まって参ります。

カリフォルニアのやり方と全く違うのがピーター・サーフボード。ピーター・サーフボードでは、1枚のフィンを作るためにレジンパネルを製作し、一からフィンを作ります。

フィンカラーや柄などのオーダーが可能で、全てがワンオフ。フィンのデザインを考える楽しみもあったりするのです。


34回の閲覧

最新記事

すべて表示

試乗会

今週月曜日と火曜日の両日、茨城大貫に波乗りに行って参りました。 波乗り後、いつもお世話になっている4Beacheさんに試乗会について尋ねてみたところ許可を頂き、今年2回目の試乗会を開催することができる事に・・・。 コロナ禍ということで「当分無理だな・・・」なんて思っていた為、試乗会ができる事をとても嬉しく思うのですが、試乗会にいらして下さる方や4Beacheさん、4Beacheさんを利用される方々