検索
  • Sea Swallow

Volume


GWいよいよ後半ですね。GW特に関係のないシースワローは「早く通常に戻って欲しい」と切に願っております。何故なら、市内を車でちょっと移動するにも、運転に不慣れであろうドライバーが運転する車に出くわしたり、おしゃべりに夢中になっているorスマートフォンを眺めているのか、信号が青になっても発進まで時間のかかる車がいたりなど、普段よりも酷い気がするのです!?

申し訳御座いません。少々取り乱してしまいました・・・。

話は変わります。昨日は、なかなかアウトに出られず、ラインナップに辿り着くために時間を要してしまったことを書かせて頂きました。昨夜、そのことについて1人反省会を行い「よく波チェックしなかったのが大きな原因だが、板のボリュームが問題だった」といった考えに至り、板のボリュームについて考えておりました。

皆さまにとっての理想のサーフボードって、どんな感じの板でしょうか?

サーフボードをカスタムオーダーされる方に要望を伺うと、殆どの方がオーバーフロー気味のディメンションを好まれているような気が致します。パドルが楽でテイクオフも早いといったことがあるかと思われます。

ここのところ使用している6'2" 70'sシングルフィンも結構なボリュームが有り、パドルが楽でテイクオフも早い反面、レイルにもかなりのボリュームがあるからか、動きがややモッサリとしている印象。また、ドルフィンスルーでも板を沈め難く、ボリュームがある事によってのデメリットも感じられます。

ここ最近の僕の場合、大きめの波で波数が多い時には「ボリュームor長さのある板でのドルフィンスルーによって体力を消耗してしまい、なかなかアウトへ出られない」なんて事があったり致します。まあまあオーバーフロー気味のディメンションをチョイスしていることもあり、当然のことなのかも知れませんが・・・・。

そこで「ドルフィンスルーし易く、尚且つパドルが楽でテイクオフも早い」といった「三拍子揃っている板のアウトラインて、どんなアウトラインだろ」と考えてみたところ「やはり、マニューバビリティも優れている6'0"あるかないかのフィッシュなのではなかろうか」といった考えに至りました。

6'2"のフィッシュ用ブランクスを既に持っておりますので、シェイプルームが完成次第、早速、自分なりのディメンション、コンセプトで作ってみたいと思っております。


24回の閲覧