• seaswallow

6'2" Swallow


6'2" x 21" x 2 5/8"


今月はブランクスの入荷が無かった為、サーフボード製作作業は一旦お休みしております。そんな訳で、再び以前製作した板を順次紹介させて頂きます。


上に貼らせて頂いたフィッシュは店置き販売用に製作していたのですが、シェイプスタンドに貼ってある緩衝材がズレてしまっていることに気付かず、レイルをシェイプしている最中にレイルを軽く凹ませてしまった為、試乗用として使っております。


シェイプの方は、ロンディネオリジナルフィッシュテンプレートを使用してワイデストポイントでは若干幅を出し、テイルは逆に絞ってシェイプ。

十分な浮力を確保する為、センターエリアにはボリュームを残し、ノーズ側&テイル側ではマニューバビリティを向上させるべくボリュームを落としています。

また、ノーズ、テイルロッカーは抑えめでボトムにはシングルコンケイブを浅めに入れてあります。


体重75kgの僕がモモ腰から頭前後の波で乗った感じでは、レイルも厚めで十分な浮力がありミッドレングス並みにテイクオフが早く、動きも至って軽快。

ただ、セット間隔が短いハードなコンディションでは、ボリュームがあることによってドルフィンスルーで板を深く沈めることが少々困難なのでとても疲れます。


こちらの板も、来月23日に開催する試乗会で乗って頂くことが可能です。

「どの位のボリュームが自分に合うのか」とか「このボリュームだとこんな感じなのか」といったようなことを感じて頂けるかと思いますので、気になる方がいらっしゃいましたら、ぜひ試乗会にお越し下さいませ。


乗ったらオーダーしなければいけないとか、個人情報を頂戴するといったことはありませんのでお気軽に。









最新記事

すべて表示

巻き増し

インスタグラムに巻き増し作業写真をポストしたところ「いくらですか?」とのお問い合わせが数件ありましたので、どんな作業でどれ位の金額になるのか簡単に紹介させて頂きます。 デッキ側が容易に凹んでヒビが入ってしまい「長く使いたいので丈夫にしてもらいたい」とか「板の重さを少し重くしたい」といったことで巻き増しを依頼されることがあります。 すぐにフットマークが付いてしまう軽い板などは、フォーム密度の低いブラ