top of page
  • 執筆者の写真seaswallow

SURF TRIP





先週、1週間お休みを頂き、高知県四万十市に行って参りました。

積んでいった板は、RONDINE SURFBOARDS 8'0" SPARROW - 7'0" RT TWIN - 6'3" SWALLOW SF - 5'8" RN TWINの4本。


前週には台風15号通過の影響により、波のサイズがあってコンディションかなり良かったようですが、四国に着いた頃にはサイズダウン傾向。

四国に入った月曜日の朝、なんとか残り波でサーフィンすることが出来ました。

コンディションは、たまに腹位のセットが入ってくる面ツルのグッドコンディション。


1ラウンド目に使用したのは7'0" RT TWIN。

板が完成してからホームポイントである茨城大貫で使用したのはたった1回で、その日は風が入っていて面が良くなかったのとブレイクも良くなく、板の調子が全く分からない状況だったのですが、良い波のお陰で板の動きや調子を把握することが出来ました。


長さのあるラウンドテイルツインフィンということで「ルース過ぎずコントローラブルで速い板」といったコンセプトでアウトラインやフィン取り付け位置などをアレンジした結果、狙い通りの乗り味になったように思います。


2時間ほど7'0" RT TWINで入水した後、2ラウンド目は5'8" RN TWINを使用。

こちらも7'0" RT TWIN同様のコンディションでしかホームポイントで使用したことがありませんでした。


RN TWINは、RONDINE SURFBOARDS SWALLOWモデルよりもノーズ幅&テイル幅があり、パドル&テイクオフが楽な仕様。

7'0"から乗り換えた後でも意外とすんなり乗ることができ、よく動いてくれました。


RT TWINやRN TWINは来月19日に開催予定の試乗会で試乗可能です。

興味のある方がいらっしゃいましたら、お気軽に試乗会にいらしてくださいませ。











Comments


bottom of page