検索
  • Sea Swallow

Surfing


昨日は、波乗りへ行って参りました。

向かったのは茨城鹿嶋。

他のポイントを一切チェックせず、真っ直ぐポイントに向かい、午前7時30分ごろに到着。波のサイズは腹前後だったのですが、すでに東寄りの風が入ってしまっており、若干面がガタついている状態。ハルでは厳しそうな気がしたため、ダベンポート・The Thingにて入水致しました。

が、思っていたよりも面が荒れていて全く良くなく、あまり波に乗らずに海から上がり、マーサーフボードさんへ・・・。

マーさんへ向かう道中で、ついでに千葉北のポイントを数カ所チェックしようかと思っていたところ、波乗り仲間の方から連絡が入り「千葉北では、サイドの風が入っているけれど、全然出来るコンディション」とのこと。

そのポイントに着いてみると、面がザワついているものの、腹前後の波が綺麗にブレイクしており、ハルでも全然出来るコンディション。少々慌て気味に手や足にコンビニ袋を着け、まだビシャビシャなウェットに秒速で着替え、グリークフルカスタム 7'1" Type 2を手に2ラウンド目に突入です。

波の方は、ほぼグーフィーしか割れてなく、乗った波は全てグーフィー。だいぶコツを掴めてきたからか、Type 2をインサイドまで走らせることが出来ました。

そして、昨日は気が付いたことが!?

ターンしようとしてレイルを入れると、コントロールが効かなくなり、失速してしまう現象を何回か体験したのですが、その現象が起きる原因が分かったのです。

その原因とは、板のせいではなく乗り手の問題。

スピードが乗っている時には、全く違和感なくスムースにレイルの切り替え、ターンが出来るので、スピードが乗っている状態をキープし、板をコントロールすれば良いだけのことだと思うのです。

ハルは、湾曲したドーム型のコンベックスボトムで、スピードが出ると板が浮き上がる特性を持っておりますので、スピードが乗っていない時に板を傾けようとすると、コンベックスボトムが敏感に反応し、レイルが入り過ぎて失速といったことになっていたのだと思います。

グリークフルカスタム Type 2に慣れてきた今日この頃、もっともっと上手く乗りこなしたいといった気持ちが、より一層強くなってきています。

暖かくなってから開催する試乗会では、グリークフルカスタムも試乗頂けますので、ぜひ、乗って体感してみて下さいませ。


0回の閲覧