検索
  • Sea Swallow

FISH


昨日の午前中、早速、US Blanksを使用してシェイプを開始致しました。

「午前中でシェイプ終わるだろう」と思っていたのですが、電動プレーナーの刃が欠けてしまっていることに気が付かず、プレーナーを2往復させてしまった為、フォームが穴だらけに・・・。

しかし、ラッキーな事に、その穴は削りたい厚みまでには達しておらず、その後、電動プレーナーを使わずにハンドプレーナーだけを使い、デッキ、ボトムを平らに削り、厚みを2 1/2までもっていきました。

デッキ、ボトムを平らにするのに時間が掛かってしまい、結局、レイルを途中までシェイプした時点でタイムアップ。今度の火曜日にはシェイプを終わらせて、次のフィッシュのシェイプに取り掛かりたいと思っています。

ついでにシェイプの流れを簡単に紹介させて頂きます。

まずは、ブランクスにテンプレートを当ててアウトラインを引いてから、フォームを切り出し、その後、電動プレーナーを使って、厚みやロッカーを調整。

(シェイパーによっては、まず電動プレーナーを使って、厚み、ロッカーを調整してから、デッキ、ボトム面を整え、テンプレートでアウトラインを引き、フォームを切り出すなど、それぞれのやり方があります)

デッキ面、ボトム面、側面を整えた後、電動プレーナーを使って、レイルをある程度削ってから、手作業でレイルを整え、今度は、ボトム側の作業に移ります。ボトム側からもレイルを整え、その次にコンツアーを形成。最後にフィッシュのスプリット部分をカットして形成すれば出来上がりといった感じ。


24回の閲覧