• seaswallow

5'10" Buzzard Twin


5'10" x 21" x 2 1/2"


本日は"Buzzard"バッザード・ツインの紹介です。

こちらの板は、テスト&試乗用として製作した板。


ストリンガーの太さに目がいった方もいらっしゃるかと思いますが、1/2インチシダーストリンガーを使用。ストリンガーの太さに加えオール6ozでラミネートしたこともあり、まあまあ重さのある板に仕上がっています。


こちらの板のシェイプは全体的にボリュームがあり、レイルはやや厚めのモダンレイル。

ノーズ、テイルともロッカー抑えめで、ボトムにはシングル〜ダブルコンケイブを浅めに入れています。そしてフィンは、カリフォルニア TrueAmes製TAマリンプライウッドツインフィンをグラスオン。


昨日紹介させて頂いたフィッシュと同様に、こちらの板もモモ腰〜頭前後の波で何度も使用しており、その乗り味や改善点などを把握しております。

乗った感じは、パドル&テイクオフが楽でスピード&グライド感も感じられ回転性も申し分なく、オーバーフロー気味のツインフィンフィッシュなどが好きな方にはハマる板なのですが、軽めの板、軽い動きを求める方には不評だったり致します。


やはりストリンガーとグラスで重さがあり、レイルも厚めだったりで動かしたい人にはもっさりとした印象を受けるようです。

この辺りは、レイルのボリュームを落としたりグラスを軽めにするなどすれば、かなり動きが変わって参りますので、乗り手に合わせたボリュームバランスに調整する必要があると思います。


こちらの板も試乗会で乗ることができますので、気になる方がいらっしゃいましたら乗ってみて下さいませ。













最新記事

すべて表示

巻き増し

インスタグラムに巻き増し作業写真をポストしたところ「いくらですか?」とのお問い合わせが数件ありましたので、どんな作業でどれ位の金額になるのか簡単に紹介させて頂きます。 デッキ側が容易に凹んでヒビが入ってしまい「長く使いたいので丈夫にしてもらいたい」とか「板の重さを少し重くしたい」といったことで巻き増しを依頼されることがあります。 すぐにフットマークが付いてしまう軽い板などは、フォーム密度の低いブラ