検索
  • seaswallow

Glass work


ここのところ、新型コロナウイルスの影響で、世界中が大変なことになっておりますが、ウイルスよりも何よりも「人間の方がよっぽど怖い」と思う今日この頃。「運良く感染を免れたら、これからも謙虚に生きていきたい」と思っております。


さて、話は変わります。昨日と今日の午前中、現在製作中の6'8"Hullのグラスワークを行って参りました。上に貼らせて頂いた写真は、今日、ホットコートを終えた時点で撮影したもの。


残る作業は、ボトム側のホットコート〜サンディング〜もう一回ホットコート〜サンディングでフィニッシュ。ホットコートは、片面ずつしか出来ないので、完成までにはあと3日〜4日かかりそうです。


一本のサーフボードが出来るまでには、かなりの時間を要し、一人でシェイプからグラスワークまで全て作業を行うとなると、分業制に比べて、かなりの作業量になってしまいます。


多くのサーフボードメーカーは、分業制をとっており、シェイパーがシェイプしたフォームは、グラスファクトリーに託され、グラスファクトリーがラミネートやフィン、リーシュプラグの取り付け、サンディングやポリッシングなどフィニッシュまで行います。


シースワローがお取り扱いしているサーフボードレーベルの中で、シェイプからフィニッシュまで一人で行うサーフボードレーベルは、ダベンポート・サーフボード。


アダム・ダベンポート氏がシェイプ、グラスワークまで全ての工程を一人で行っており、一本一本に時間を掛けて丁寧に製作している為、一本のロングボードが完成するまでには、かなりの時間を要します。


分業制の方が、効率が良いのは分かっておりますが、最初から最後まで一人のサーフボードビルダー、クラフツマンの手によって作られるサーフボードの方が僕は好きです。


美しいサーフボードを作れるよう、経験を積み重ねて参ります。

8回の閲覧