• seaswallow

GLASSING



先日、紹介させて頂いた製作中の"White-Eye"は、昨日、ボトム側のラミネートが終わりました。


こちらの板は"ハル"のため、かなり前側にフィンボックスを取り付けており、ボトム側のラミネートは60z + 6ozテイルパッチ、デッキ側は6oz + 6ozでラミネートします。


既にラップカットを終えていますので今日中に下地処理を行い、明日、デッキ側をラミネート出来ればと思います。


グラスワークでは下地処理、下準備が一番重要で、ラップカット部分やクロスが重なった箇所の段差等しっかりならしておかないと、デッキ側をラミネートした際にエアが入ってしまったりしてしまうのです。


初期にはラップカットのラインがガタガタだったり、下地処理が甘かったり、クロスにレジンが十分に浸透していなかったりなどの原因によってエアが入りまくってしまっていましたが、最近では以前に比べてだいぶ綺麗にラミネート出来るようになって参りました。

更にクオリティを上げていければと思っております。



最新記事

すべて表示

巻き増し

インスタグラムに巻き増し作業写真をポストしたところ「いくらですか?」とのお問い合わせが数件ありましたので、どんな作業でどれ位の金額になるのか簡単に紹介させて頂きます。 デッキ側が容易に凹んでヒビが入ってしまい「長く使いたいので丈夫にしてもらいたい」とか「板の重さを少し重くしたい」といったことで巻き増しを依頼されることがあります。 すぐにフットマークが付いてしまう軽い板などは、フォーム密度の低いブラ