検索
  • seaswallow

Glassing on



昨日と今日の午前中、ガレージシースワローへ行き、フィッシュの作業をして参りました。


デッキ&ボトムのラミネートが終わりましたので、フィンやディケールを取り付け、残るはレジンリーシュブリッジの取り付けとサンディングコート、サンディング、ホットコート。まだまだ工程が残っており、今月中に何とか完成できればと思っております。


話は変わりますが、ここのところ何かと悩むことが多く、サーフボード製作時、以前よりも集中力が途切れてしまうことが多々あります。


悩みの種はというと、直接お取引のある海外のサーフボードレーベルなど。私たち日本人の感覚では、納期などの予定があれば、その予定に合わせて順次作業を進め、遅れることなく納期を間に合わせるのが普通かと思いますが、日本のような常識が全く通じず「納期がさっぱり分からない」といったようなレーベルもあったり致します。


また、サーフボード製作の進捗を頻繁に知らせてくれる所もあれば、進捗を尋ねれば機嫌を損ねる所もあったりなど、僕自身の力不足といったことが大いに影響しているかとは思いますが、代理店として輸入されているお店などは苦労が絶えないことと思います。


先日のブログにも書かせて頂きましたように、これからは独自レーベルを主に扱っていきたいと思っており「なぜ独自レーベルを主に扱いたいと思うようになったのか」と申しますと、納期が分からないまま、長い間お客様にお待ち頂いたりなど「お客様にご迷惑をお掛けすることが一番心苦しいから」といったこと。


独自レーベルでサーフボードを作った場合、納期が読めますし、頻繁にお客様と連絡を取り合い、細かい所まで対応が出来るので、お客様は勿論、僕自身も心配事がなくなり、全てがスムースに行くと思うのです。


皆様に認めて頂ける板を作れるよう、全身全霊を注ぎ、取り組む所存で御座います。

25回の閲覧