top of page
  • 執筆者の写真seaswallow

GLASSING ROOM





昨日5月11日(土)、全てのシェイプ道具の移動とグラス設備設置のため、店を休んで鉾田へ行って参りました。


シェイプ道具の整理を終えてから取り掛かったのはグラッシングスタンドの製作。

以前はバケツにセメントを流し込み木で作っていたのですが、徐々にグラつきが出始めたので、今回は鉄製角パイプを使用。

2セット4脚を100V半自動溶接機を使って製作しました。


ガス溶接やアーク溶接などの経験があるものの100V半自動溶接機を使用したのは初めて。

「果たしてくっつくのだろうか?」と思いながら久しぶりに溶接してみたところ徐々に勘が戻り、しっかりくっつけることが出来ました。


あとは、エアコンプレッサーやガラスクロスなどのグラス用品を運び入れれば板を作ることが出来ます。

来週か再来週には本格的に始動できるかと思います。


「行ってみたい」と何件かご連絡を頂いておりますが、シェイプ中、グラス中に来られた場合には一切応対出来ませんので、お越しの際には事前にご連絡くださいませ。

作業中に手を止めたくありません。


サーフィン用品、小物などは一切なく、板やアックスクラッシックウェットスーツのカスタムオーダー、リペア受付のみとなります。




Comments


bottom of page