• seaswallow

Noserider


9'6" x 23" x 3"


9'6" x 23" x 3 1/8"


9'6" x 23" x 3"


本日は、先日紹介させて頂いたNoseriderの他に今年カスタムオーダー頂いた3本のノーズライダーを紹介させて頂きます。


全てロンディネオリジナルノーズライダーテンプレートを使用。

アウトラインは全て同じですが、レイルの厚みやボリュームバランス、フォイル具合、テイルキック、ノーズコンケイブの深さ等、乗り手の好みやレベルに合わせてシェイプしているため、同じモデル、同じ長さでも、この3本を同一人物が乗った場合には違いを感じられることと思います。


海でお会いした時や試乗会などで試乗ボードに乗ってみて頂き、インプレッションを伺ったうえで、その方の好みやレベルに合わせてチューニングしております。


こちらの3本は全てUS Blanksのグリーン(クルーズウェイト)を使用しており、国内で流通しているUS Blanksの中でフォーム密度が一番高いものになります。

またラミネートは、デッキ8oz volan + 6oz + 6ozニーパッチ、ボトム8oz volan + 6oz テイルパッチで、重さは9.5kgあるかないか位の重さです。


ブランクスのフォーム密度を下げて製作した場合、重さが若干軽くなり、クロスをオール6ozでラミネートした場合にも重さが軽くなります。

クロスやフォーム密度、ストリンガーの本数などの違いでも、乗り味は若干変わって参ります。


「軽い板がいい」なんて場合には、ライトウェイトブランクスを使用してオール6ozクロスでラミネートしたり「軽い方が良いけれどフットマークが心配」なんて場合には、クルーズウェイトブランクスを使用してオール6ozでラミネートするなどの組み合わせも出来たりします。








最新記事

すべて表示

巻き増し

インスタグラムに巻き増し作業写真をポストしたところ「いくらですか?」とのお問い合わせが数件ありましたので、どんな作業でどれ位の金額になるのか簡単に紹介させて頂きます。 デッキ側が容易に凹んでヒビが入ってしまい「長く使いたいので丈夫にしてもらいたい」とか「板の重さを少し重くしたい」といったことで巻き増しを依頼されることがあります。 すぐにフットマークが付いてしまう軽い板などは、フォーム密度の低いブラ