検索
  • seaswallow

Surfing



一昨日、昨日は定休日ということで、波乗りへ行ったり、サーフボードを製作しておりました。


上に貼らせて頂いた写真は、昨日、茨城大貫にて撮影した写真。「もしかしたら、出来るかも・・・」なんて思い、朝一に4Beacheさんに行ってみたところ、波乗りできそうにもない感じ。


しかし、諦めて帰ることが出来ず、2時間程海を眺めていたところ、やや落ち着いてきたように見えたので、自作5'10"FISHを手に入水してみました。


2時間海を眺めている間、ゲットアウトのポジションもチェックしていた為、短いセット間隔のタイミングを計り、慌てず焦らずパドル、ドルフィンスルーを繰り返し、思っていた以上にすんなりラインナップへ・・・。


勿論、海に入っている人は僕以外にはおらず、流れが強いこともあってポジショニングが難しかったのですが、とりあえず一本目はレギュラー方向へ。そして2本目はグーフィー方向へ。が、テイクオフしてボトムに降りる途中でコブに引っかかり、盛大にワイプアウト。真下でリップを食らってしまい、久々に激しく巻かれました。


なんとか浮かび上がり、沖へ向かおうとしたところ、遥か沖にデカいセットを発見。セットを喰らうのは間違いなかったので、板を岸に向けて退散。一本乗れただけでも十分満足して海から上がった次第です。


昨日、使用した5'10"FISHは2回目の使用で、このサイズの波での使用は初めて。大き目のパワーのある波での使用を前提に作っており、板のディメンションは5'10" x 20 1/2 x 2 3/8。レイルに向かってボリュームを落とし、全体的に薄めに仕上げております。


その割にパドルはキツくなく、ドルフィンスルーでも板を容易に沈めることが出来ます。「じゃあテイクオフが遅いのでは?」と思った方もいらっしゃるかと思いますが、テイル幅が有り、ロッカー抑えめなことも功を奏し、テイクオフも早いのです。


乗った感じは、とにかく速く、操作性も申し分ない感じ。もっと色々な波で乗ってみたいと思っております。明日は、現在製作中の板について紹介出来ればと思います。

16回の閲覧