検索
  • seaswallow

Test ride






先週は、木曜日にカスタムオーダー頂いたサーフボードの納品がてら茨城大貫で波乗り。土曜日には、茨城大貫にて既にRondine "The Pig"などに乗っておらる方達にNoseriderをお披露目。そして昨日11月3日(祝)は、Noseriderの試乗貸出や出来上がったばかりのスラスターをテストする為、再び茨城大貫へ行って参りました。


既に何人かの方にNoseriderを使って頂き、なかなかの手応えを得られております。

ブランドやシェイパーのネームバリュー、流行や見栄、周りの目などによってサーフボードをチョイスされる方が殆どの今日、ここ日本でネームバリューが殆ど無いような板を扱うシースローのお客様方は、そういったことを気にせず、自身の目で道具などをチョイスされる方が殆ど。シースワローでは、そんな自店のお客様を「1%fer」と勝手に呼び、称賛しております。


昨日は、朝6時前に茨城大貫に到着。

波のサイズが腰くらいとの予報でしたので、積んでいった板はスラスター2本と7'0" Hawk 2と試乗貸し出しのNoseriderの計4本。

見た目、腰以上のサイズがあったので、先ずは出来上がったばかりのスラスター(黄色)を使う事に致しました。


朝のうち、風はほぼ無風。レギュラー、グーフィー方向に切れていて久々のグッドコンディション。ボリュームを削ぎ落とした割には、テイクオフが早くパドルも苦にならず、板の動きも良かったのですが、潮が上げており厚めの波だった為、サイズがあって掘れる波でテストしたいと思いました。


11時位まで入水した後おにぎり2個を食べてから、今度は以前作ったスラスターを手に入水。

が、何本か乗ってすぐに海から上がり、フィン交換。2,000円でお釣りがくるフィンを付けて使用してみたところ、凄くルースな感じだったのと、板を踏み込むと失速するような感じだったので、FUTURE純正のフィンに交換して入水。


FUTURE 純正フィンに交換したら、板を踏み込むと加速し、安価なフィンで抜けられなかった速いセクションでも抜けることが出来「フィンのフレックスでこんなにも変わるのか!?」と改めて感心してしまいました。


そんなこんなで、結局、午後4時過ぎまで入水。朝の6時位から午後4時過ぎまでウェットスーツを着っぱなし・・・。

海から上がると、並べていた出来上がったばかりのスラスターが無い・・・。

どうやら波乗り仲間の方が出来上がったばかりのスラスターを手に入水したそうで、僕がコインシャワーを浴びている間に、今度は以前製作したスラスターと交換し、再び入水。

使ってみた感想を楽しみにしながら帰り支度をしていると、波乗り仲間の方が海から上がって参りました。


感想を聞いてみると「どっちも良い!!」、「でも、どっちかと言えば、こっち(グレーの方)が良い」とのこと。


ニヤニヤしながら帰路についた次第です。

57回の閲覧