検索
  • seaswallow

Test ride



昨日は定休日だった為、出来上がった板のテストに行って参りました。

テストした板は、完成したばかりの6'6" Single fin semi gunです。


いつもの茨城大貫に着いたのは日の出前。

少し明るくなるまで待機した後、入水致しました。

波のサイズは、腰あるかないかのスモールコンディションで、風が弱く面が整った状況。


朝のうち繋がり気味の波が多く、テイクオフしか出来ないような状態だったのですが、潮の変化と共に切れている波も現れ、レギュラー、グーフィー共テストライドすることが出来ました。


こちらの板は、ダブル前後の波での使用を想定して製作しており、幅が20 1/2インチ、厚みが2 3/8インチでテイルエリアは細く、全体的に無駄な贅肉を削ぎ落としています。

その為、長さが6'6"でも波待ちでは自分のヘソの上くらいに水面がある状態。


「果たして小波で乗れるのだろうか」と、思っていたのですが、全体的に細身の割りにテイクオフが早く、しっかり走ってくれて、動きも軽快。

サイズのある波での使用が楽しみで仕方なくなってしまいました。


波予測をチェックしてみたところ、来週の定休日にはもしかすると波のサイズが上がるかもしれませんので、再びテスト出来ればと思っております。

37回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

始動

今年2回目のブログ投稿が8日になってしまいました・・・ 1月3日から作業を開始し、昨日、お正月中に海でお預かりした板の作業が全て完了。 最近では、波乗り仲間の方々やお客様より「シースワローでリペアしてもらいたい」とのことで、板をお預かりすることがしばしば御座います。 年末からお正月明けにお預かりした板は、4本。 一本がノーズからテイルに向かって20cmくらい剥離。 もう一本が、テイル、レイルのクラ